テストの花道 第11回 文章を書くチカラ

要約

起承転結と同様に「なたもだ」(なぜなら、たとえば、もし、だから)を書き出し、その順序に沿って書くことで説得力のある文章を書く。


応用可能な範囲

学生:小論文、志望理由など
一般:電子メール、企画、プレゼンテーションなど


練習問題

  • 東京タワーについて思い付くことを論文のように書け。


花道の種

その1 : 書き抜き

気になること、面白いと思ったこと、疑問に思ったことなどを書き出し、その中から自分なりの意見を探す。

例:
  • 私は○○が好きだ
  • 私は○○がおかしいと思う
  • ○○はすごい

※気になることを抜き出す。(自分の)意見を述べて書き出すのが論述の基本。

その2 : なたもだ

人に分かりやすく伝えるための情報を引き出し、文章に必要な要素をそろえる。

  • なぜなら (その理由を考えてみる)
 意見の理由を書く。

  • たとえば (読み手のイメージを膨らませわかりやすくする情報となる)
 客観的な意見や見方、具体例を書く。

  • もしも (仮の設定を作り別の視点から考える)
 自分の 主張することに沿う場合やそれに反する場合を書く。
 逆の主張があることで、自分の主張が客観的になる。

  • だから (結論を出すきっかけとなる)
 意見を肯定する結論を書く。

最後に、各要素を「なたもだ」の順番にまとめる。

その3 : 作文を論文にする

  • 「である調」で書く
 文末を「~です」「~ます」などから「~だ」「~である」「~といわれている」などに変える。

  • 複数の根拠を示す
 自分の意見の根拠となることを多く(2つ以上)挙げることで説得力が増す。

  • 読み手を意識する
 読んでいる人がどう受け取るか、どう感じるか、どう解釈するかが重要なので、自分以外の人が読む場合を考えてみる。

例:
    • どんな言葉を選べば理解されるか
    • 情報が十分そろっているかどうか
    • 使用している単語を知っているか、その単語の説明は必要か


文章を書くこと以外での「なたもだ」の使い方

英語や国語

  • 読む時にも整理しながら読める
  • 英語の文章はだいたい「なたもだ」で記述されているので、作者の言いたいことがわかりやすくなる

歴史

  • 噛み砕いて覚えていく時に「なたもだ」が出てきて、整理しやすくなる
  • 時代背景を考えられる


練習問題の解答例



実践

  • 「若者の草食化」について論じよ。


今日の一言

文章を書く第一歩は書き出しと「なたもだ」


テストの寄り道

質問その1 : 


質問その2 : 



  • 最終更新:2013-09-12 01:32:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード